忍者ブログ
    Iris Rose Project公式ブログ
    死んではおらぬ。
    色々駆けずり回っている間に、11月も半ばになってしまいました。
    こそこそとサイトを更新したり、作曲のトレーニングをしてみたり。

    本題。
    いい加減、フレットレスを買いなおすか、EUBを買おうと唐突に思ったのです。
    フレットレスは以前、Epiphoneが出していたZenith Bassというのを所有してました。右手を置く場所に悩んだり、フラットワウンド弦に慣れなかったり、そんなこんなで手放してしまったのですが、それはともかく。
    フレットレスの候補をいくつか見ているうちに、やはりTUNEが選択肢に入って来た訳ですが・・・。ここでとんでもない事実が発覚してしまいました。
    私の所有する8弦は中古で買ったのですが、どうもお店が勘違いしていたようで、モデル名が違う疑惑が発覚しました。正しいモデル名は、Zi-3-8Nでほぼ間違いないでしょう。
    そうです、Akappachiです。ナルチョのサインが直筆ではなくプリントで入っていたので、変だなあとは思っていたのですが・・・。
    退色が激しく、赤くないのがミソ。恐らく、お店が勘違いした理由の1つでしょう。サイトに掲載されているAkappachiとは、インレイの仕様も違いますからね。恐らく、これは年代の違い。
    それ以外の電装系はAkappachiそのものですし、スルーネックという点からも、Akappachiでほぼ間違いないでしょう。
    Akappachiに限りなく仕様を近づけ、ナルチョのサイン入りバックプレートを入れた変な子、というトンデモ仕様でなければ。(えー)
    TUNEに問い合わせれば、間違いなく答えが出るので、そのうち問い合わせてみましょうかね。一度、TUNEに送り返してフルメンテナンスして貰いたい気もするので、その時になりそうな気がしますがw
    PR
    ようやく、やる気になりました。(ぉ

    5600への移植は古過ぎて前例があまりなさそうなので、どこまで行けるかわかりませんが。とにかく、作業開始。
    まずは不要なパーツを外します。今回はSTIレバーに戻すのも相まって、ドロップハンドル に戻すので、ハンドルも外します。ブレーキレバー、Wレバーは使わないので、ステムごと交換します。バーテープは全然綺麗だしね。それから、前後ディレーラー、前後ブレーキ、クランク、BB、スプロケットを取り外し。外すのですが……。BBが恐ろしくガチガチに締め込まれてました……。走行によって締め込まれる、という事がないとは言い切れませんが、左はすんなり外れたのに右が外れないというのは、組付の問題?まあ、外れたから良しとしましょう。
    クランク外すと、普段は掃除できないところに手が届くので、この機会に掃除しておきたいですね。


    後は取り付けるだけですな。注意点として、8/9速用のハブに10速スプロケットを取り付ける場合は1mmのロースペーサーが必要になります。1mmなんて誤差と言えなくもないですが、高くない部品なので買っておきましょう。5600系ハブ・5600系スプロケットの組み合わせからの移植の場合、移植元にロースペーサーが付いていると思うので、それを使えばOKです。(私は余分に買ってしまいました)
    また、今回はフロントディレーラーのバンド径が合わないので、ギャンブル的に5600STIでクラリスを引けるか、というのも同時に検証します。


    さて、取り付け終わったら各部の調整。ブレーキはちゃんとかかるか。命を預ける部分だけに、ここは入念に。そして、変速の確認。まずはフロントディレーラーですが、問題ありませんでした。組み換え等に起因する再調整は必要でしたが、変速性能もあまり変わらないような?重量は違うかもしれませんが。そして、リアディレーラーの調整。1速から順に全てのギアに変速できるか。ここは面倒なところですが、ミニベロだと平地でもギアを使い切れるので、しっかり調整したいですね。
    と、言うわけで、105化が終わりました。ブルホーンも良いけど、やっぱりドロップの方が落ち着きますな( ´ ω ` )
    ちょっとクラシカルな雰囲気にしたかったので、レザー調のバーテープにしました。バーテープひとつで随分と雰囲気が変わるので、飽きたら交換ぐらいが良いですね。巻くのが面倒ですが(´・ω・`)


    ミニベロのカスタムはコンポの入れ替えまでしてしまったので、残すところはホイール周りのみとなってしまいました。ハンドルの軽量化、というのもありますが、カーボンハンドルを入れる気はないのと、今のハンドル重量を量っていないので見送ります。ハブを入れ替える、と言うのも無しではないのですが、さすがにセンター出しやら、振れ取りやら、面倒なのでやらないと思います。(えー)
    ともかく、無事に移植は終わり。ここからはチューニングの領域ですな。ハブグリスを入れ替えたり、玉当たりを調整したり。ホイールのバランス取りも、どこかのタイミングで挑戦してみたいですね。
    気が付くと放置レベルに更新していないのは何故なのか。

    先日、スタジオに入りまして、PXB-P2を初めてスタジオで鳴らしてきました。
    エッジが立ったしっかりした低音が出ていると好評だったのですが、音色とは別のところに不満が。それが立奏時の楽器の位置。立って構えると、ボディがネック側に寄ってしまう。ボディがネック側に寄ってしまう、という事は、自然とピッキングの位置がブリッジ寄りになってしまう、という事でもあるのですが、演奏性がイマイチ良くない。そこで、早速調整してみました。
    ボディがネック側に寄る、という事は、逆にブリッジ側に寄せれば良い。じゃあ、どうやって寄せるか、という話ですが、簡単。ストラップピンとボディの間にスペーサーを噛ませるだけですな。どれぐらい噛ませるか、ブリッジ側とネック側、どちらに噛ませるかでも変わってきますが、今回はブリッジ側にボディを寄せたいので、ネック側のストラップピンにスペーサーを噛ませます。ストラップピンの内径は4mmなので、内径4mm、外径xmm(ストラップピン底部の外径に合わせたいので、それに応じて変わります)のスペーサーを複数枚用意。厚さは1mmが調整しやすいと思います。今回調整する楽器のストラップピンはジムダンロップのロックピンなので、外径は10mm。で、組み込み。



    さ、サビが……。なんだかカラフルなスペーサーですが、実はこれ、RCカー用です。丁度、1/10スケール用のホイールスペーサーが内径4mm、外径10mmだったので流用。1mm厚2枚、0.5mm厚4枚の合計4mm。たかが4mm、されど4mm。演奏性が大幅に向上しました。
    見た目を重視して実用が削られるのが楽器の常、という側面はありますが、実用性が高く、しかも見た目も良い、というのが1番。RCカーのパーツは何かとアルマイト処理されている物が多いので、色も選べて良いですね。
    新年度明けてました。(えー)
    ネタが溜まってます。繁忙期過ぎたので更新再開です。

    1月に入ってから、良い加減、ちゃんとしたギターを買おうと、中古の赤いJacksonソロイストを狙っていたのですが、なかなか要求を満たす個体に巡り会えず、3ヶ月目に入った頃……。来ました。要求スペックを満たす子が。
    その前に、今回の要求スペックはこちら。
    1.スルーネックであり、セットネックスタイルではないこと
    2.赤いボディであること
    3.PU配列はHH、SSH、HSHのいずれかであること
    4.フロイドローズブリッジであること

    ソロイスト狙い打ちの要求スペックですね。と言うよりも、ソロイストを買うならの要求です。特に、2番目。あけーソロイスト欲しいんじゃ。しかし、実際に手にしたのはJacksonではありませんでした。手にしたのはこの子、Edwards E-CY-165CTM。



    27Fの変な子です。SHを装って、シングルハムのHHという変な子です。スルーネックです。ジョイント部もセットネックスタイルじゃねーです。
    正直、ESP系は選択肢にありませんでした。ホライゾンの見た目は好きだけど、音がちょっと違ったり。フォレストの見た目は好きだけど、所有したいとは思わなかったり。アーティストモデルで好きなのあるけど、買うかと問われると、うーん。
    それがEdwardsですよ。27Fに惹かれた、という感は否めない。順調に多フレットの楽器が増えてます。(えー)
    サビとか傷とかありますが、手が触れるところが錆びていたり、形状故に仕方ない傷だったりなので、プレイヤーズコンディションと言ったところでしょう。何より、凄くしっかり調整されていました。大切にされていたのでしょう。思わず、涙が……。

    ベースの人なのに、なんでこうもギターを持つのか、というお話にもなるのですが、ベースだからこそ、ギターも練習するのです。ギターはベースと比べると、弦を押さえると言うよりも、弦に触れるぐらいの感覚でフレットを押さえられます。逆に言えば、ベースは力いっぱい押さえて、力いっぱい弾けば良い。しかし、それではダメなんです……!ベースは力いっぱい押さえて力いっぱい弾けば音が鳴る、それではダメなんです……!速いフレーズに対応するためには、それは余計な力なんです……!
    何より、難しい事を簡単にやる、それが良いじゃないですか。そして、難しい事を簡単にやり、なおかつ難しい事をやっているように見せる。それがいちばんカッコいいと思うんです。

    言うなれば、脱力のため。ベースで出来る事はギターでもある程度はできるし、その逆も然り、という考え。それが功を奏し、ここ数ヶ月で、苦手だった下り階段の克服が進み、速いフレーズをより速く出来るようになってきました。

    分かり始めると楽しくなるもので、色々な応用をしたくなりますね。
    自転車ネタは物凄く久々ですが。
    ミニベロはカスタムの自由度が高くて面白いですね。「走る」より「弄る」の人にとっては。
    そんな訳で、ビフォー・アフター


    まずは工場出荷状態。特にコメントのしようがありませんが、ブレーキの効きがメチャクチャ悪かったのを覚えています。対策として、ブレーキシューをShimano R55C4に変更して改善。
    で、現在。


    暗いところで撮った写真しかなかったのでアレですが;;
    ハンドルは日東のRB-021。肩下がりのブルホーンです。ちょっと前までは、これにSTIレバーがひっついていたのですが、Wレバー化、ギドネットレバー化に合わせて変更。
    WレバーはShimano SL-R400とDixnaのレバーコラムマウントを使ってステムに取り付け。
    この際に、Shimanoスモールパーツ、Y64343000が2つ必要になります。
    ギドネットレバーはDIA-COMPEのDC139。いさみや自転車館の復刻ギドネットと迷いましたが、肩下がりのブルホーンにはDIA-COMPEが最適のようです。
    で、このギドネットレバーですが、リターンスプリングがないんですよね。リターンスプリング無しって、大丈夫なのかいな?と思っていたのですが、全く問題ありませんでした。ちゃんとブレーキ解放すると戻ります。ブレーキワイヤーもちょっと注意。ロード用のブレーキインナーは使えません。MTB用を使うようになっています。

    これでHelion Rのカスタムはほぼ終了。後はスプロケットをノーマルの12-28からクロス寄りのスプロケットに変更するのと、チェーンリングの歯数を増やしたい気もするのでクランク交換ぐらいですかね。
    もっとも、今のギヤ比で「踏み切ることができる」程度なので、増やす必要はないかなとも思っていますが(^_^;)
    ※踏み切る=35km/h以上は出ている

    何を基準にギヤ比を選定するのか、というお話に発展させる事も出来るのですが、それはまた別の機会に。
    プロフィール
    HN:
    冷水リース
    HP:
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    ひやみずさんです。
    FA宣言したっぽい?日記代わりっぽい!
    カレンダー
    10 2018/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリ
    P R

    Template by Emile*Emilie
    忍者ブログ [PR]