忍者ブログ
    Iris Rose Project公式ブログ
    死んではおらぬ。
    色々駆けずり回っている間に、11月も半ばになってしまいました。
    こそこそとサイトを更新したり、作曲のトレーニングをしてみたり。

    本題。
    いい加減、フレットレスを買いなおすか、EUBを買おうと唐突に思ったのです。
    フレットレスは以前、Epiphoneが出していたZenith Bassというのを所有してました。右手を置く場所に悩んだり、フラットワウンド弦に慣れなかったり、そんなこんなで手放してしまったのですが、それはともかく。
    フレットレスの候補をいくつか見ているうちに、やはりTUNEが選択肢に入って来た訳ですが・・・。ここでとんでもない事実が発覚してしまいました。
    私の所有する8弦は中古で買ったのですが、どうもお店が勘違いしていたようで、モデル名が違う疑惑が発覚しました。正しいモデル名は、Zi-3-8Nでほぼ間違いないでしょう。
    そうです、Akappachiです。ナルチョのサインが直筆ではなくプリントで入っていたので、変だなあとは思っていたのですが・・・。
    退色が激しく、赤くないのがミソ。恐らく、お店が勘違いした理由の1つでしょう。サイトに掲載されているAkappachiとは、インレイの仕様も違いますからね。恐らく、これは年代の違い。
    それ以外の電装系はAkappachiそのものですし、スルーネックという点からも、Akappachiでほぼ間違いないでしょう。
    Akappachiに限りなく仕様を近づけ、ナルチョのサイン入りバックプレートを入れた変な子、というトンデモ仕様でなければ。(えー)
    TUNEに問い合わせれば、間違いなく答えが出るので、そのうち問い合わせてみましょうかね。一度、TUNEに送り返してフルメンテナンスして貰いたい気もするので、その時になりそうな気がしますがw
    PR
    気が付くと放置レベルに更新していないのは何故なのか。

    先日、スタジオに入りまして、PXB-P2を初めてスタジオで鳴らしてきました。
    エッジが立ったしっかりした低音が出ていると好評だったのですが、音色とは別のところに不満が。それが立奏時の楽器の位置。立って構えると、ボディがネック側に寄ってしまう。ボディがネック側に寄ってしまう、という事は、自然とピッキングの位置がブリッジ寄りになってしまう、という事でもあるのですが、演奏性がイマイチ良くない。そこで、早速調整してみました。
    ボディがネック側に寄る、という事は、逆にブリッジ側に寄せれば良い。じゃあ、どうやって寄せるか、という話ですが、簡単。ストラップピンとボディの間にスペーサーを噛ませるだけですな。どれぐらい噛ませるか、ブリッジ側とネック側、どちらに噛ませるかでも変わってきますが、今回はブリッジ側にボディを寄せたいので、ネック側のストラップピンにスペーサーを噛ませます。ストラップピンの内径は4mmなので、内径4mm、外径xmm(ストラップピン底部の外径に合わせたいので、それに応じて変わります)のスペーサーを複数枚用意。厚さは1mmが調整しやすいと思います。今回調整する楽器のストラップピンはジムダンロップのロックピンなので、外径は10mm。で、組み込み。



    さ、サビが……。なんだかカラフルなスペーサーですが、実はこれ、RCカー用です。丁度、1/10スケール用のホイールスペーサーが内径4mm、外径10mmだったので流用。1mm厚2枚、0.5mm厚4枚の合計4mm。たかが4mm、されど4mm。演奏性が大幅に向上しました。
    見た目を重視して実用が削られるのが楽器の常、という側面はありますが、実用性が高く、しかも見た目も良い、というのが1番。RCカーのパーツは何かとアルマイト処理されている物が多いので、色も選べて良いですね。
    ある日、突然「良さ」に気付いて、1本欲しくて仕方なかったPJベース。
    当たりをつけたのは、Ibanez、TUNE、fenderでした。
    数年前は中古と言ったらPJ、と言うぐらい溢れかえっていたのですが、ちょっと見ない間に随分減っているような……?
    そんな時、ふとGrecoが気になり、PXB-100というモデルを見つけました。PXB-100は現行と当時物(90年代初頭頃)があり、当時物の方が全体的にスペックが上。もちろん、見つけたのは当時物。トラスロッドが限界という1点が気になり、買うか迷っているうちに売り切れてしまったので、仕方なく他のを探していたのですが……。
    改めて探すにあたって設けた条件は下記の通り。

    ・スルーネック、もしくはセットネック
    ・リバースP(妥協可)
    ・フジゲン製作のもの

    フジゲン製作、という辺りが最大のネック。自動的にIbanezになるかと思いきや、Ibanezはボルトオンが主力。難航すると思われたのですが……。
    見つけてしまいました。PXB-100以上に魅力的な1本。Greco PXB-P2です。コレクターズコンディションと言っても差し支えないほどコンディションの良い1本を入手できました。



    PXB-100との最大の違いはリバースPが採用されていること。微妙な違いですが、分かる人には分かる、というニクいヤツですね。ボディ材もパドゥークに変更されているようです。外見からは分かりませんが。
    そして、現行にP2はありません。と、言うのも、実はこれ、プリンセスプリンセスのベーシスト、渡辺敦子さんモデルなのです。当時のGrecoのカタログにも掲載されていますね。
    フジゲン製作、という条件はクリア出来なかったのですが、そんな事は些細なことなのです。画像を見て、一目でコレだ!と思った。それが大事なのです。(ぉ

    さて、とても状態の良い1本ですが、やはり楽器は弾いてナンボ、鳴らしてナンボ。弦高を調整し、音を出して確認してみます。JJ配列とは異なるPJの音は、「その気になればなんでも弾ける。それでいてPJ固有の音」、という印象。
    なるほどなるほど、と思っていると、デッドポイントを発見。2弦21Fで音詰まり。26Fを否定するようですが、ベースでそんなハイポジションを弾くことは稀なので、良しとしましょう。

    しかし、それとは別に気になる点が。少し、演奏がシビアだ、という点。恐らく、Pがシビアさを助長しているのでしょう。各弦の音色のばらつきがあり、ダイナミクスレンジが広く、音色変化が機敏。もちろん、弦そのものの影響、というのも考えられますが、そこは一旦置いておきます。ダイナミクスレンジの広さは、ピックアップ由来のものでしょう。
    ニュアンスが細かく出る、と言えば聞こえが良いですが、息を殺して弾くようなのはなかなかにストレスフル。そんなのは8弦だけで十分なのです。では、どうするか。音楽仲間にヒントを貰いました。
    半音下げチューニングでもう一度試したところ……。シビアさが緩和し、ピック弾きでは独特なドライブ感が出るように!弦のテンションは下がっているのですが、テンション感に大きな変化は感じられません。気持ちテンション感が下がり、弾きやすい程度。しかし、デッドポイントは解消しませんでした。むしろ、2弦20Fにも発生しました。(えー)

    なるほど。PXB-P2は「ダウンチューニング向きの楽器」のようです。面白い結果が出ました。ダウンチューニング向きの楽器もある、という事は知識として知っていましたが、体感するとでは全然違いますね。ピック弾きとの相性も良いみたいです。

    ここ最近、PJベースが再び脚光を浴び始めているそうです。確かに、この音はバリエーションに欲しい音ですね。
    特に、ピック弾きを多用するようなシーンでは積極的に使いたい感じ。ジャズベでも、プレベでもない、それでいて使いやすさのあるオンリーワンの音が欲しい時の選択肢1つとして適していると思います。
    ブログ忘れてただけだから!(えー)

    更新する度に言い訳が酷くなってるこの頃。
    さて、メンテナンス。Laklandの5弦、SL55-94のメンテです。
    以前から気になってた、ペグのメンテ。
    ペグのネジがゴムブッシュを噛んでるのか、なんかニュルっと出てくるんですよねー。
    気持ち悪い表現をしましたが、そんな事は置いておいて、さっさとバラし。
    ……で、バラしたは良いけどさ。なにこれ;;

    ネジロック剤だと思いますが……。製造段階での管理が悪いのか、製造上の何かなのか知りませんが、ネジロック剤ぶち込み過ぎィ!!
    パーツクリーナーで綺麗にしまして。パーツ同士が擦れるところに注油して元に戻す。
    という作業を5本繰り返すわけですが、1弦ペグ……。

    なんやこれ(呆然)
    ちょっと分かりにくいですが、ゲート処理が炭酸の抜けたぬるいコーラよりも甘い。
    気になるので、これもヤスリで削って綺麗に整形。
    結局、気になってた部分の特定はできなかったものの、買ってから一度もペグのメンテはしてなかったので、丁度良い機会だったかな?ヒップショットの構造も理解できたし。
    後は、キャビティ内もちょっと弄りたいと思っていたり。
    半田直付けの方が接点を減らせるし、ノイズなどの面からも有利だとは思うのですが、いかんせん整備性が悪い。カプラー接続にしたいんですよねぃ。
    分かりやすいところで言えば、EMG方式。まあ、それはそれで、大改造になっちゃうので正直めんd・・・なんでもないです。(えー)

    改造らしい改造、PU交換やブリッジ交換は好きじゃないのですが、今回みたいな小改造は好きなんですよね。改造と言うより、チューンアップの方が適切な気がしますがw
    さて、気になる次回更新は……。たぶん、最近滞ってるプラモ。
    記事にしてないだけで、YF-16CCVを作ったりはしてるんですけどね。
    ゑ?なが……と……?つ、作ってるよー。(棒)
    |  HOME  |
    プロフィール
    HN:
    冷水リース
    HP:
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    ひやみずさんです。
    FA宣言したっぽい?日記代わりっぽい!
    カレンダー
    10 2018/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリ
    P R

    Template by Emile*Emilie
    忍者ブログ [PR]